2011年06月27日

ハイキングウォーキングのQ太郎ダイエット、体質に合った遺伝子検査もカロリーも減らす

ハイキングウォーキングのQ太郎さんはDHCでダイエットで減量しましたが、ハイキングウォーキングのQ太郎さんのダイエット経過を相方の方が報告しています。

Q太郎さんは脂肪を代謝しにくい遺伝子ながらもから揚げや焼肉などの脂っこいもの、シュークリームなど甘いものが大好きでよく食べていて太った可能性があるのだそう。

一方相方の方は内臓脂肪がつきやすいリンゴ型だったとか。

今までは食事も朝から肉類を使った脂っこいもの、夜は栄養価のバランスが良いとされないソースだけのパスタなどを食べていたそうですが、ダイエット開始後はDHCの置き換えプロテインダイエットを朝食に持ってきて昼夜は和食やサラダに変えていたのだそう。

それによりカロリーが2800kcalのところを1500kcalまで落としたのだとか。

1500kcalでもかなりヘルシーな食事の様子だったので、一般的な日常の食事というのは他の方でも意外とカロリーは高いというものなのかもしれませんね。

ハイキングウォーキングのQ太郎さんが使用したDHCの商品はよく売れていますが、やはり変わった、変化の大きさに皆さん刺激されたのかもしれませんね。

痩せると人生が変わる、服を選ぶ楽しみ店で買う楽しみが増える、きれいだと言われるなど、痩せたことだけでも幸せを感じ、それらの喜びが前向きな気持ちにさせてくれたりと好循環な環境になっていく方が多いです。

posted by じょっほ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイキングウォーキングのQ太郎がDHCダイエットで減量、反響

ハイキングウォーキングのQ太郎さんはDHCでダイエットに成功しましたが、元々太っていたのかどうかも分かりませんでしたが、お腹は出ていたようです。

それがスポーツ選手並の筋肉質な体になっているのですから凄いですね。

痩せたとか引き締まったとか、昔は太っていたという面影もなく、元々からこの体型だったのではないかと思うほどきれいに痩せています。

なんでもウエストは1メートルあり、体重も82キロあったそうですが、それがウエスト80センチ、体重69キロに減らしたそうです。

見た目も全く違ってきますね。

今まではキモキャラとかブサイク芸人という風に言われることがあるような、特殊なキャラ作り江をしていた感じではありますが、痩せると一変して海外のイケメン風な男性にはなりますね。

やはり痩せたらイケメンになりそうという変化を感じ、ダイエット挑戦者として選ばれたのか?

Q太郎さんの場合には燃焼系フォースコリーを試していたそうですね。

フォースコリーを購入される方が増え、フォースコリーを大きく取り扱う店も増えました。

DHC遺伝子検査を行い、何を食べても太りにくいなど、体質を分析して効率的なアドバイスもしてもらえるそうです。

posted by じょっほ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリックスの北川 博敏(きたがわ ひろとし)、アキレス腱断裂か?痛める

オリックスの北川 博敏(きたがわ ひろとし)選手がアキレス腱を痛めたのではないか、断裂ではないかという風に言われていますが、手術する可能性が高いのだそう。

プロ野球では吉岡 雄二(よしおか ゆうじ)元選手、前田 智徳(まえだ とものり)選手もアキレス腱を断裂しましたが、多くの場合が以前からアキレス腱痛があったり、ケアを行っていた場合となっているので、人一倍に気にはかけていたのに負傷したという結果にはなっています。

アキレス腱は人によってやわらかいとか、硬いという風に分かれますし、ストレッチなどを行っても腱そのものの質が変わるわけではないので、やはり動きについていけない状態にはなるのでしょうかね。

それほど走り続けるわけではない野球でも負傷するのですから、サッカーともなれば確率は高まりそうですが、サッカー界で30代後半、40代の選手というのはあまりいませんしね。

北川 博敏選手は阪神タイガース時代には精神的にも苦しい思いをしたとか、精神面が悪化して近鉄に移籍して成功を収めたという風にも言われています。

今年に入ってからは疲労骨折、肉離れで治療を行うなど最近は体の状態も良くはなかったようですね。

いつも笑顔ではあるものの、ここ最近は不運、だけれども笑顔に見える顔は実は笑っているわけではないということもあるそうで、笑っている顔で不運に見舞われたこともあるのだそう。

北川 博敏選手は年齢が39歳ではありますが、手術して回復までに1年かかるということを考えると40歳かそれ以降。

それらを踏まえるとこのまま引退することも考えなくもないのか。

野球選手も硬いボールが飛んできて当たったり、バットが当たったり、クロスプレーでは選手同士が激突したりと大変ではあります。

そういう苦難がありながらも続けたいと思うものなので、精神力も凄いですね。

posted by じょっほ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。