2011年04月28日

汗かきかどうかは生後3年までに決まるとの話。夏の暑さ対策

汗かきは遺伝するのか?という質問に対して、暑さで汗をかく時の汗腺の働きは、生後3年間の環境で決まるため遺伝はしないとのことでした。

汗は親族似ているものだと思っていましたが、意外な気も。

誰に関係なく若い頃はそんなににおいはせずに年齢とともにきつくなることを考えれば、体質よりも年齢などの方が大きいのか。

3歳までに汗をかくほど、汗が出やすい体質になりやすいとのことでした。

ということは3歳〜数ヵ月後という期間を考えれば、夏を多く体験する夏生まれは汗をかきやすい対象となり、反対に回数が2〜3回程度と少ない冬生まれは汗は出にくい体質となるのでしょうかね。

過度な食事制限をしていてもにおいがきつくなるのだとか。

あとは精神面でも負担が増えるとニオイが強くなるのだそうです。

やはり汗が出るとその時はそれほどニオイは感じなくても時間とともにまた違う匂いになりますしね。

やはり汗が多いほどニオイの素も多いということでしょうか。

posted by じょっほ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。