2011年07月04日

マリナーズのイチロー選手がオールスター出場が10年で途切れる

マリナーズのイチロー選手がオールスター出場を10年続けていたものの、今年は投票では選ばれずに途切れる結果となりました。

「今年もたくさん投票していただいたので、そのことにお礼を言いたい。これは毎年変わらない」

81試合の時点で打率は2割7分5厘と過去最低の数字となっている。

イチロー選手もやはり体の衰えはあるようですね。

動体視力が落ちるとか、その後は足も遅くなっていくという風にも言われています。

イチロー選手の精神面でもどこか昔のようなメジャーでプレーをするウキウキ感も薄れ、体の衰えを感じ取っているのか、またはトップで活躍することが当たり前という重圧のようなものにどう対処していくべきか考えているという風でしょうかね。

地元での評判はあまり良くはないそうで、バッシングされることも多いのだそう。

イチロー選手の気持ちとしてはワールドシリーズに出たい、出てチャンピオンリングを手にしたいという気持ちは以前からあったようです。

しかしチームの成績は入団初期の1位という成績後は低迷することも多く、その中でもコツコツ個人成績を残していく人生が続いていたみたいですね。

自分は長年メジャーでプレーをしてもなかなかリングは手に入れられない、しかしメジャーで数年プレーする日本人選手は入団して1〜3年でいとも簡単にリングを手にする光景というのはやや葛藤もあるのか?

イチロー選手も37、8歳なのでそろそろワールドシリーズに出たいと親権に悩む時期か。

これまでFAでも優勝を狙えるチームに移籍しようか考えたこともあったそうですが、シアトル・マリナーズへの愛着もありこのチームで世界一になりたいと認識したのだとか。

posted by じょっほ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213202756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。