2012年01月01日

年末年始は地震ドキュメンタリーが増える

年末年始は一年を振り返る映像として地震、津波の映像が増えると言われていますが、子供には見せない方が良いようですね。


ここ近年では東北、北陸、九州、中国、関西地方と震度6程度の地震が発生しました。


一方で大地震が起きるとされている関東、東海地方では長らく地震は起きておらず、むしろその地域の住民の方が大地震を体験していないという結果になっています。


あえて関東は首都なので、より綿密に調査をした結果であり、他の地域は発見できなかっただけで、関東並の大地震が発生する可能性が元々あったのかもしれませんが。


東北も地震は起きるけど、被害は少ないだろうと思われていた中での大津波でした。


関東では沿岸地区も繁栄されているので、被害も大きいでしょうし、お台場などの埋立地は地盤の強度はどうなのか、波をもろに受けるのではないか、逃げるにも橋の利用となりもし橋が壊れたらとか、山があまりない平地で津波が来ない安全な場所までしっかり逃げられるのかなど気になるところですね。


東北ではマンションが津波によってなぎ倒されたということもありますし、津波対策も気になりますね。


高層マンションの場合は揺れが激しいと言いますし、津波で倒れるともう逃げられないので、耐震の度合いも調べておいた方が良いでしょうね。


今のところ東京や大阪で大地震は発生していないので、高層ビルの被害はどれほどなのか未知数となっています。



posted by じょっほ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。