2012年01月01日

関東で大地震、大津波が発生したらを考えると

関東で大地震や津波が発生するとやはり沿岸、高層ビル付近が気になりますね。


沿岸では京浜工業地帯など製造、湧出の盛んな地域なので、経済の影響も大きいものでしょう。


また埋立地ではお台場があり、島状態になっている月島とか、勝どきとか、豊洲や有明、辰巳、新木場なども津波には早く官能しなければいけない地域でしょうね。


地震発生後はゆりかもめも止まったままであったり、交通網が麻痺すると数少ない橋で逃げることになるでしょうし、橋の場所も把握しておいた方がいいですね。


埋立地の地盤はもろいとか液状化現象が出るとも言われますが、東北並の震度になった場合に耐えられるのかはまだわかっていません。

新幹線は大丈夫なのか、地下鉄は閉じ込められたりしないのか、崩れてくることはないのか、高層ビルが倒れることはないのか、モノレールで脱線しないのかなど、やはりいろいろと気になってしまうものです。



沿岸沿いに街頭するのが港区、品川区、江東区、中央区、大田区などいわゆるビジネス街で、反対に海から遠いのが練馬区、足立区、杉並区、葛飾区、板橋区など、住宅などが中心の生活エリアとなります。


posted by じょっほ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。