2011年07月17日

美容のため、健康のための生姜、しょうが、通販などでも人気

最近は生姜を使った商品も増えていますね。

モデルなど健康や美容、体型などに気をかける人々が取り入れた食生活とも言われ、女性に人気があります。



少し前には生姜を使ったみそ汁などが発売されましたが、今はお茶、そのままの生姜、サプリメントなどいろいろなものが発売されています。



生姜を食べると体が温まるという風にも言われますし、体の冷えが気になる方も積極的に取り入れています。



生姜はわさびやにんにくと同様にチューブタイプのおろし生姜もあるので、それを料理に加えるとか、ドレッシングなどの調味料に入れrとか、みそ汁に入れるとかいろいろと食材にも合うので使う機会は増えます。




やはり定期的に毎日摂取しやすいのはサプリメントでしょうかね。

店ではあまり見かけませんが、通販などでは販売されていて、けっこう売れています。


アイスボックス


posted by じょっほ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

レバ刺しも販売中止?当面は販売自粛へ、焼肉ユッケ関連

ユッケの食中毒が問題になっていましたが、ユッケなど生食用牛肉の取り扱い基準案が出されたそうですが、レバ刺しの方は当面は自粛するように要請があったそうですね。


レバ刺しはスーパーなど店頭では見かけず、だいたい食べるとすれば焼肉店などとなります。


よく芸能人もレバ刺しを食べた、好きとコメントする方が多いものですが、ユッケよりも食中毒になりやすいのだとか。


年間100人ほどが食中毒になるそうで、食べている人数から見ればそれほど多くはないのかどうか。


夏を考えるとどこかで菌が増殖する可能性というのは高くはなるでしょうし、夏場は控えた方がいいのかもしれませんね。


食べるならカキと同様冬あたりの方が良いのかもしれません。


調理する際には違う食品の菌と混ざらないようにする、包丁やまな板などをしっかりと消毒をするなどの処置が必要なのだそうで、食べ物の中でもかなり神経を使う食品ではあります。


食中毒は数日経過すれば治癒するものと思っていましたが、それほど影響があり、毒素が強いものだとは思いませんでしたね。


posted by じょっほ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスボックス濃い果実氷<巨峰>が発売、アイスボックス活用

森永製菓(東京都港区芝 代表取締役社長・矢田雅之)ナンバーワンかちわり氷「アイスボックス」から、濃くて美味しい高果汁かちわり氷「アイスボックス濃い果実氷<巨峰>」を発売。

「アイスボックス濃い果実氷<巨峰>」はぶどうジュースがそのまま氷になったような濃い味で、溶けていくと冷たい果汁ジュースを飲んでいるような感じになりおいしいです。



マラソンやウォーキングをした後に少し解けたものを飲むとよりおいしさがアップします。

キャップ付きなので、歩きながら食べられるアイスボックスなのかと思っていましたが、再保存可能のためなのだそうです。



オレンジ味もありましたが、巨峰の方が濃さを感じ、氷との相性も良いです。



アイスボックスは定番のグレープフルーツもありますが、アイスではなく氷として見ると、その中に炭酸ジュースを入れるとひんやりグレープフルーツジュースになりますし、水を入れるとグレープフルーツウォーターとなりより飲みやすくなります。



カロリーも高めなのかと思っていましたが、1カップ30kcalと思った以上に低いので、水だと物足りないという方はアイスボックスの活用もなかなか便利だと思います。

posted by じょっほ at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。